やっぱり気になる!?結婚式の費用

色々なオプション次第

結婚式にはいろいろなオプションの選択から成り立っています。したがって何を選ぶかとその中でのグレードの選択によって費用は大きく異なります。一般的なものとして、まずは司会者です。式場任せの司会者ではリーズナブルですが、有名人に委託する場合は高くなります。つぎに、プロジェクターや放送機器です。プロフィール映像や余興で活用したい場合は必要になります。ただし、プロフィール映像の製作を委託した場合、機器の使用量は無料になるケースがあります。ゲストにも影響するのが料理です。和洋などから選び、3つのグレードが一般的です。特別な要望も可能ですが予算に影響することがあります。最後に写真です。アルバムの枚数や材質によって異なります。

工夫すると費用削減のチャンス

色々と工夫することで費用を削減できます。まずは、ブライダルフェアなどに行くことで割引券を入手します。また、挙式のタイミングによって安いプランを提示しています。例えば夏や冬といった極端な気候の時や仏滅など人気のない日などです。つぎに、自分でできることは自分で行うパターンです。席次表などの配布物やプロフィール映像をパソコンでフリーソフトを使って仕立てることです。司会者を知人に頼むことも可能です。最後に、可能であれば衣装などの持ち込みです。ただし、追加料金を取られたり、拒否の場合がありますので挙式会場に確認することが重要です。例えば、引き出物やプチギフトをインターネットで安いものを購入することです。